手紙を久しく書いてないと文頭がね ☆

メールが当たり前の今日、自筆の手紙を書く機会がめっきり減りました。
手紙を書こうと紙とペンを手にしたものの、いざ書くとなると文頭がなかなか出てきません。
形式的なものでは「拝啓」と始めたら結びは「敬具」、「前略」 とくれば「早々」等ありますが、使い慣れていない言葉は自分らしさに欠けるもので親しい人に書く手紙に使うと堅苦しいものです。
形式的なことにとらわれず、思いのまま書くことで自分らしい文章が書けるものです。
久しく会っていない人には近況を書くのも良いでしょう。
地元を離れた友人には故郷の話題を書くと喜ばれます。
しかし、いざ書き始めると次から次へと話題が出てきてかなりの長文になりがちです。
便箋1枚程度の薄い内容でもいけませんが、だらだら長いだけの手紙も相手が読むのに疲れるし返事を返す方も沢山書かなければならないプレッシャーを感じてしまいます。
何事も適量というものがあります。
受け取る相手の事を考えて書きたいものです。

スマホなどで変換していたら字を忘れがちに ☆

電話機能だけではなく、メールやインターネット、アプリなど、多彩な機能が持ち味のスマホは、近年利用者が増え続けています。電話よりも、チャット感覚でメッセージのやりとりができるアプリや、メールを連絡手段やコミュニケーションツールとして利用している人も多いですよね。プライベートだけに限らず、ビジネスのシーンでもスマホを利用する人は増えています。パソコンメールを、送受信することができるので、会社同士のやりとりをするのにも、いつも持ち歩くスマホなら、連絡がスムーズにできます。特に、営業で外に出ることの多い人や、出張が多い人にはマストアイテムとなっています。ビジネスのシーンでは、お礼状や挨拶のお手紙などをお客様へお渡しする場面があります。日頃、端末から文を入力、変換することに慣れてしまっている人は、いざ直筆で手紙を書こうとすると、漢字が頭に浮かばない、曖昧にしかわからない、といったことも起きてきます。端末から文を作る場合でも、どのような漢字に変換されるか、意識して文を作るようにすれば、新たに覚えることのできる漢字も増えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です