スマホなどで変換していたら字を忘れがちに

電話機能だけではなく、メールやインターネット、アプリなど、多彩な機能が持ち味のスマホは、近年利用者が増え続けています。電話よりも、チャット感覚でメッセージのやりとりができるアプリや、メールを連絡手段やコミュニケーションツールとして利用している人も多いですよね。プライベートだけに限らず、ビジネスのシーンでもスマホを利用する人は増えています。パソコンメールを、送受信することができるので、会社同士のやりとりをするのにも、いつも持ち歩くスマホなら、連絡がスムーズにできます。特に、営業で外に出ることの多い人や、出張が多い人にはマストアイテムとなっています。ビジネスのシーンでは、お礼状や挨拶のお手紙などをお客様へお渡しする場面があります。日頃、端末から文を入力、変換することに慣れてしまっている人は、いざ直筆で手紙を書こうとすると、漢字が頭に浮かばない、曖昧にしかわからない、といったことも起きてきます。端末から文を作る場合でも、どのような漢字に変換されるか、意識して文を作るようにすれば、新たに覚えることのできる漢字も増えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です