手紙を久しく書いてないと文頭がね

メールが当たり前の今日、自筆の手紙を書く機会がめっきり減りました。
手紙を書こうと紙とペンを手にしたものの、いざ書くとなると文頭がなかなか出てきません。
形式的なものでは「拝啓」と始めたら結びは「敬具」、「前略」 とくれば「早々」等ありますが、使い慣れていない言葉は自分らしさに欠けるもので親しい人に書く手紙に使うと堅苦しいものです。
形式的なことにとらわれず、思いのまま書くことで自分らしい文章が書けるものです。
久しく会っていない人には近況を書くのも良いでしょう。
地元を離れた友人には故郷の話題を書くと喜ばれます。
しかし、いざ書き始めると次から次へと話題が出てきてかなりの長文になりがちです。
便箋1枚程度の薄い内容でもいけませんが、だらだら長いだけの手紙も相手が読むのに疲れるし返事を返す方も沢山書かなければならないプレッシャーを感じてしまいます。
何事も適量というものがあります。
受け取る相手の事を考えて書きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です