手紙は心が伝わるね

携帯電話が普及した今の時代に、わざわざ手間と時間がかかる手紙を書く人は少ないと思います。
何か伝えたいことがあればポケットからサッと携帯を取り出し、用件を入力して送信ボタンを押す。とても便利ですよね。さらに絵文字や顔文字で簡単に感情を伝えることもできますが、少し味気ないと思いませんか?
当たり前のように誰もが携帯を持っているこの時代だからこそ、自分で手紙を書くことは、とても意味のあることに感じられます。なにより、手紙には、一生懸命丁寧に書かれた文字の一つ一つに、手紙を書いた本人の心が込められていて、心が伝わるという効果もあります。
メールが主流の今、手紙の書き方がわからないという方も多いかと思います。手紙を読みやすくするために、適切な順番があるのを知っていますか?
前文→主文→末文→後つけ→添え文、という流れで書くときれいにまとめることができます。
携帯を置いてペンを握り、“心”を書いてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です