よく書き方と言葉の言い回し

最近はパソコンや携帯・スマートフォンなどが普及し、手紙を書く機会がめっきり減ってしまいました。しかし時折肉筆で心のこもった手紙を受け取るとうれしさもひとしおです。こうした気持ちのこもった手紙には実は上手な書き方と言葉の言い回しがあります。今回はそれについていくつかお話ししていきます。まず手紙を書くときは内容の要点をしっかりと抑えるようにします。要点を得ていなければ結局何が言いたいのかわからない内容になってしまうからです。また言葉遣いや言いまわしについても気をつけましょう。したっしい相手ですとあまり形式にこだわる必要がないのですが、仕事関係の方に書く場合は「敬語」や結語は「です・ます」調にします。
 では手紙の始まりの頭語と終わりの結語から順番に説明していきますと、頭語とは手紙の切り出しで相手に対する敬意を表す言葉です。しめくくりに使用する結語と対になっており、その組み合わせも決まりがあるので注意しましょう。一般的に使われることが多いのは「拝啓」(結語は「敬具」、女性の場合は「かしこ」)「謹啓」(結語は「謹白」「謹言」)などです。これは年賀状や暑中・寒中見舞いなどの季節の挨拶には不要ですし、弔事の手紙、詫び状には使いません。
 次に「前文」についてです。頭語に続けて、季節の移り変わりを手短に表現する文です。「桜花の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 」など月によって前文の内容は変わりますので、その季節にあった表現・言い回しを考えましょう。その後は「主文」と「末文」といった順番で書いていきます。「主文」は本題となる部分です。「さて、○●についてですが・・・」などと起こし言葉に続けて要件を切り出す形で主文に入ります。またいくつか要件がある場合は述べたい項目に優先順位を付けて要領よくまとめるようにしましょう。句読点や段落分けで読みやすくなるように配慮しましょう。末文については今後も健康や繁栄を祈る文で締めくくるのが一般的ですが、お詫び、お礼、返事を求める場合もあります。例えばお礼なら「略儀ながら書中をもってお礼申し上げます」などと書き、その後に頭語に対する結語を忘れずに書きます。このような文章の順序を守って書くことで、読みやすくわかりやすい内容の手紙になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です