値段の変動が激しい物まとめ

日常生活で購入する商品の中には、さまざまな要因が影響して値段の変動が激しい物もあります。

例えば毎日の食事となる米や野菜・肉類など生活必需品の価格は意外と外部の要因によって大きく変動します。

例えば台風や寒波などの自然災害によって農作物が大きく被害を受けて収穫量が大きく減ってしまった場合は、生活必需品は一気に値上がり商品の仲間入りをしていまします。

また現在は車社会と言えますが、OPECなどの産油国の原油需給が大きく変動すると、燃料となるガソリン価格が大きく変動します。

そのため車を利用したレジャー支出や、車を購入する資金の源泉となるローン借入など、様々な業種の大きな影響を与えることになります。

さらに最近は一人が一台所有しているスマートフォンなどの携帯端末も無視できません。

長年日本は円高傾向にありましたが、ここ最近は円安が進んでいます。

携帯端末は今や中国や台湾など海外の工場で製造しています。そのため、円安になると輸入価格が上昇することから端末価格も高くなります。

その結果、通常は2年に1度の買い替えを控えたりするなど、業界の売上の現象にも大きな影響を与えることになります。

もっとも、最近はこうした料金価格の負担増と消費増税が相まって、より低料金で携帯端末を利用できる格安スマートフォン市場に注目が集まっています。

新たな市場が開拓されたと言う意味では良い影響とも言えますが、結果的には価格競争へと突入する可能性が高く、経済全体にとってはあまり良い影響を与えないことになります。