止まらない商品の値上がり、そのワケは?

ここ数年において、日本では値上がり商品が増え続けています。

とくに食品は今年に入っても値上がりが止まらない状況があります。

日本の景気はそれ程は良くなっていないのに値上がり商品が多くなっていくのは、一見不自然なものがあります。

しかし、止まらない商品の値上がり、そのワケは原材料価格の上昇と為替市場での円安の影響が大きいです。

食品などの原材料価格は中国などの新興国の台頭によって、継続的に価格が上昇していく状況が出ています。

その結果として、食品メーカーなどでは原材料価格の上昇分を商品価格へ転化することが行われています。

今後においても原材料価格の上昇が続く可能性があるため、食品などの価格はさらに上がる可能性があります。

また、為替市場で円安となってことで、原材料の輸入価格が上乗せされたことも値上げの要因となっています。

しかし、今年の為替市場では円安から円高傾向に転じているため、今後は為替の影響は少なくなっていくことが予想されます。